万葉集 第15巻 3719番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3719番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3719番歌

第15巻
歌番号3719番歌
作者作者不詳
題詞(廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首)
原文久左麻久良 多婢尓比左之久 安良米也等 伊毛尓伊比之乎 等之能倍奴良久
訓読草枕旅に久しくあらめやと妹に言ひしを年の経ぬらく
かなくさまくら たびにひさしく あらめやと いもにいひしを としのへぬらく
英語(ローマ字)KUSAMAKURA TABINIHISASHIKU ARAMEYATO IMONIIHISHIWO TOSHINOHENURAKU
これから旅に出るが、そんなに長くはあるまいと、妻に言って家を出てきたが、いや、もう年を越してしまった。
左注
校異
用語遣新羅使、天平8年、年紀、枕詞、羈旅、望郷、帰途、姫路、兵庫
タイトルとURLをコピーしました