万葉集 第15巻 3740番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3740番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3740番歌

第15巻
歌番号 3740番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 安米都知能 可未奈伎毛能尓 安良婆許曽 安我毛布伊毛尓 安波受思仁世米
訓読 天地の神なきものにあらばこそ我が思ふ妹に逢はず死にせめ
かな あめつちの かみなきものに あらばこそ あがもふいもに あはずしにせめ
英語(ローマ字) AMETSUCHINO KAMINAKIMONONI ARABAKOSO AGAMOFUIMONI AHAZUSHINISEME
天地の神々がいらっしゃらなければ、わが恋する彼女に遇うこともなく、死んでいけただろうに。神々が彼女に引き合わせてくれたばかりに・・・。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました