万葉集 第15巻 3623番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3623番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3623番歌

第15巻
歌番号 3623番歌
作者 作者不詳
題詞 (従長門浦舶<出>之夜仰觀月光作歌三首)
原文 山乃波尓 月可多夫氣婆 伊射里須流 安麻能等毛之備 於伎尓奈都佐布
訓読 山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖になづさふ
かな やまのはに つきかたぶけば いざりする あまのともしび おきになづさふ
英語(ローマ字) YAMANOHANI TSUKIKATABUKEBA IZARISURU AMANOTOMOSHIBI OKININADUSAFU
山の端に月が傾くと、漁をする海人(あまびと)の燈火が沖にただよう。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、出発、広島、倉橋島、叙景、船出
タイトルとURLをコピーしました