万葉集 第15巻 3622番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3622番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3622番歌

第15巻
歌番号 3622番歌
作者 作者不詳
題詞 従長門浦舶<出>之夜仰觀月光作歌三首
原文 月余美乃 比可里乎伎欲美 由布奈藝尓 加古能己恵欲妣 宇良<未>許具可聞
訓読 月読みの光りを清み夕なぎに水手の声呼び浦廻漕ぐかも
かな つくよみの ひかりをきよみ ゆふなぎに かこのこゑよび うらみこぐかも
英語(ローマ字) TSUKUYOMINO HIKARIWOKIYOMI YUFUNAGINI KAKONOKOゑYOBI URAMIKOGUKAMO
月の光が清らかなので、夕なぎがやっyてきたため、舟乗りたちが声を掛け合って浦辺を漕いでいるよ。
左注
校異 出 [西(上書訂正)][紀][細] / 末 未 [万葉集古義]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、船出、出発、広島、倉橋島
タイトルとURLをコピーしました