万葉集 第15巻 3665番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3665番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3665番歌

第15巻
歌番号 3665番歌
作者 作者不詳
題詞 (海邊望月作九首)
原文 伊母乎於毛比 伊能祢良延奴尓 安可等吉能 安左宜理其問理 可里我祢曽奈久
訓読 妹を思ひ寐の寝らえぬに暁の朝霧隠り雁がねぞ鳴く
かな いもをおもひ いのねらえぬに あかときの あさぎりごもり かりがねぞなく
英語(ローマ字) IMOWOOMOHI INONERAENUNI AKATOKINO ASAGIRIGOMORI KARIGANEZONAKU
彼女を思って寝るに寝られないのに、明け方朝霧の向こうで雁の鳴き声がする。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、望郷、動物、福岡
タイトルとURLをコピーしました