万葉集 第15巻 3644番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3644番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3644番歌

第15巻
歌番号 3644番歌
作者 雪宅麻呂
題詞 佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首
原文 於保伎美能 美許等可之故美 於保<夫>祢能 由伎能麻尓末<尓> 夜杼里須流可母
訓読 大君の命畏み大船の行きのまにまに宿りするかも
かな おほきみの みことかしこみ おほぶねの ゆきのまにまに やどりするかも
英語(ローマ字) OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI OHOBUNENO YUKINOMANIMANI YADORISURUKAMO
朝命を承って大船の行くがままに任せて旅宿りする身です。
左注 右一首雪宅麻呂
校異 布 夫 [類][紀][細] / <> 尓 [西(右書)][類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、大分、中津市、作者:雪宅麻呂、不安
タイトルとURLをコピーしました