万葉集 第15巻 3771番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3771番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3771番歌

第15巻
歌番号 3771番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 宮人能 夜須伊毛祢受弖 家布々々等 麻都良武毛能乎 美要奴君可聞
訓読 宮人の安寐も寝ずて今日今日と待つらむものを見えぬ君かも
かな みやひとの やすいもねずて けふけふと まつらむものを みえぬきみかも
英語(ローマ字) MIYAHITONO YASUIMONEZUTE KEFUKEFUTO MATSURAMUMONOWO MIENUKIMIKAMO
宮廷に仕える私は安眠出来ない。今日か今日かとお待ちしているのですが、お姿を見ることはありませんもの。
左注 (右八首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、恋情、悲別、大赦、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました