万葉集 第15巻 3772番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3772番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3772番歌

第15巻
歌番号 3772番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 可敝里家流 比等伎多礼里等 伊比之可婆 保等保登之尓吉 君香登於毛比弖
訓読 帰りける人来れりと言ひしかばほとほと死にき君かと思ひて
かな かへりける ひときたれりと いひしかば ほとほとしにき きみかとおもひて
英語(ローマ字) KAHERIKERU HITOKITARERITO IHISHIKABA HOTOHOTOSHINIKI KIMIKATOOMOHITE
赦されて帰京してきた人たちがいると聞いて、うれしくてすんでのことに死ぬところでした。あなたもそうかと思って。
左注 (右八首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、恋情、悲別、大赦、女歌、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました