万葉集 第15巻 3609番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3609番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3609番歌

第15巻
歌番号 3609番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 武庫能宇美能 尓波余久安良之 伊射里須流 安麻能都里船 奈美能宇倍由見由
訓読 武庫の海の庭よくあらし漁りする海人の釣舟波の上ゆ見ゆ
かな むこのうみの にはよくあらし いざりする あまのつりぶね なみのうへゆみゆ
英語(ローマ字) MUKONOUMINO NIHAYOKUARASHI IZARISURU AMANOTSURIBUNE NAMINOUHEYUMIYU
武庫の海面は好天で波穏やかであるらしい、釣りをする海人(あまびと)の釣舟が波の上から浮かんで見える。
左注 柿本朝臣人麻呂歌曰 氣比乃宇美能 又曰 可里許毛能 美<太>礼弖出見由 安麻能都里船
校異 多 太 [類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、羈旅、地名、西宮、兵庫、柿本人麻呂、異伝、叙景、土地讃美、転用
スポンサーリンク

第15巻 3609S1番歌(異伝歌1)

題詞 (當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰
原文 氣比乃宇美能 可里許毛能 美<太>礼弖出見由 安麻能都里船
訓読 笥飯の海の 刈り薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船
かな けひのうみの かりこもの みだれていづみゆ あまのつりぶね
英語(ローマ字) KEHINOUMINO KARIKOMONO MIDARETEIDUMIYU AMANOTSURIBUNE
笥飯の海の海一面に刈り薦を散らすように、漁師達の舟が大漁目指して出て行く。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、羈旅、枕詞、異伝、作者:柿本人麻呂、叙景、土地讃美、地名、淡路、兵庫、転用
タイトルとURLをコピーしました