万葉集 第15巻 3714番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3714番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3714番歌

第15巻
歌番号 3714番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 安<伎>佐礼婆 故非之美伊母乎 伊米尓太尓 比左之久見牟乎 安氣尓家流香聞
訓読 秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明けにけるかも
かな あきされば こひしみいもを いめにだに ひさしくみむを あけにけるかも
英語(ローマ字) AKISAREBA KOHISHIMIIMOWO IMENIDANI HISASHIKUMIMUWO AKENIKERUKAMO
秋がやってくると恋しさがいっそうつのり、夢だけでも長らく見続けていたいのに、夜はさっさと明けてしまった。
左注
校異 藝 伎 [紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、恋情、羈旅、望郷、対馬、長崎
タイトルとURLをコピーしました