万葉集 第15巻 3715番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3715番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3715番歌

第15巻
歌番号 3715番歌
作者 作者不詳
題詞 (竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首)
原文 比等里能未 伎奴流許呂毛能 比毛等加婆 多礼可毛由波牟 伊敝杼保久之弖
訓読 ひとりのみ着寝る衣の紐解かば誰れかも結はむ家遠くして
かな ひとりのみ きぬるころもの ひもとかば たれかもゆはむ いへどほくして
英語(ローマ字) HITORINOMI KINURUKOROMONO HIMOTOKABA TAREKAMOYUHAMU IHEDOHOKUSHITE
ひとりだけで着て寝るこの着物の紐を解いたなら、いったい誰が結んでくれよう。家は遙か遠いのに。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、望郷、恋情、孤独、対馬、長崎
タイトルとURLをコピーしました