万葉集 第15巻 3634番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3634番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3634番歌

第15巻
歌番号 3634番歌
作者 作者不詳
題詞 (周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首)
原文 筑紫道能 可太能於保之麻 思末志久母 見祢婆古非思吉 伊毛乎於伎弖伎奴
訓読 筑紫道の可太の大島しましくも見ねば恋しき妹を置きて来ぬ
かな つくしぢの かだのおほしま しましくも みねばこひしき いもをおきてきぬ
英語(ローマ字) TSUKUSHIDINO KADANOOHOSHIMA SHIMASHIKUMO MINEBAKOHISHIKI IMOWOOKITEKINU
九州へと至る道の途次にある可太の大島、しばらくの間も見ずにはいられない妻を残して来てしまった。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、岡山、山口、岩国、望郷、恋情
タイトルとURLをコピーしました