万葉集 第15巻 3661番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3661番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3661番歌

第15巻
歌番号 3661番歌
作者 作者不詳
題詞 (海邊望月作九首)
原文 可是能牟多 与世久流奈美尓 伊射里須流 安麻乎等女良我 毛能須素奴礼奴
訓読 風の共寄せ来る波に漁りする海人娘子らが裳の裾濡れぬ
かな かぜのむた よせくるなみに いざりする あまをとめらが ものすそぬれぬ
英語(ローマ字) KAZENOMUTA YOSEKURUNAMINI IZARISURU AMAWOTOMERAGA MONOSUSONURENU
風と共に寄せてくる波に、漁をする海人娘子(あまをとめ)たちの裳裾が濡れている。
左注 一云 安麻乃乎等賣我 毛能須蘇奴礼<濃>
校異 奴 濃 [類][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、福岡、叙景、羈旅、異伝

第15巻 3661S1番歌(異伝歌1)

題詞 (海邊望月作九首)一云
原文 安麻乃乎等賣我 毛能須蘇奴礼<濃>
訓読 海人の娘子が裳の裾濡れぬ
かな あまのをとめが ものすそぬれぬ
英語(ローマ字) AMANOWOTOMEGA MONOSUSONURENU
海人娘子の裳裾が濡れている。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、福岡、叙景、異伝
タイトルとURLをコピーしました