万葉集 第15巻 3660番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3660番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3660番歌

第15巻
歌番号 3660番歌
作者 土師稲足
題詞 (海邊望月作九首)
原文 可牟佐夫流 安良都能左伎尓 与須流奈美 麻奈久也伊毛尓 故非和多里奈牟
訓読 神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむ
かな かむさぶる あらつのさきに よするなみ まなくやいもに こひわたりなむ
英語(ローマ字) KAMUSABURU ARATSUNOSAKINI YOSURUNAMI MANAKUYAIMONI KOHIWATARINAMU
神々しい荒津の崎に寄せくる波のように、間断なく彼女を恋い続けるだろう。
左注 右一首土師<稲>足
校異 楯 稲 [西(訂正右書)][紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、地名、福岡、羈旅、望郷、枕詞、作者:土師稲足、恋情
タイトルとURLをコピーしました