万葉集 第15巻 3628番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3628番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3628番歌

第15巻
歌番号 3628番歌
作者 作者不詳
題詞 (属物發思歌一首[并短歌])反歌二首
原文 多麻能宇良能 於伎都之良多麻 比利敝礼杼 麻多曽於伎都流 見流比等乎奈美
訓読 玉の浦の沖つ白玉拾へれどまたぞ置きつる見る人をなみ
かな たまのうらの おきつしらたま ひりへれど またぞおきつる みるひとをなみ
英語(ローマ字) TAMANOURANO OKITSUSHIRATAMA HIRIHEREDO MATAZOOKITSURU MIRUHITOWONAMI
玉の浦に沖から寄せて白玉を拾ったが、それを見る人もないのでまた捨ててきてしまった。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、望郷、地名、岡山、倉敷、広島、倉橋島、孤独
タイトルとURLをコピーしました