万葉集 第15巻 3731番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3731番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3731番歌

第15巻
歌番号 3731番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 於毛布恵尓 安布毛能奈良婆 之末思久毛 伊母我目可礼弖 安礼乎良米也母
訓読 思ふゑに逢ふものならばしましくも妹が目離れて我れ居らめやも
かな おもふゑに あふものならば しましくも いもがめかれて あれをらめやも
英語(ローマ字) OMOFUゑNI AFUMONONARABA SHIMASHIKUMO IMOGAMEKARETE AREWORAMEYAMO
思う故に逢えるものならば、しばらく彼女に逢わずにいられようが。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、配流、恋情、羈旅、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました