万葉集 第15巻 3730番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3730番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3730番歌

第15巻
歌番号 3730番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 加思故美等 能良受安里思乎 美故之治能 多武氣尓多知弖 伊毛我名能里都
訓読 畏みと告らずありしをみ越道の手向けに立ちて妹が名告りつ
かな かしこみと のらずありしを みこしぢの たむけにたちて いもがなのりつ
英語(ローマ字) KASHIKOMITO NORAZUARISHIWO MIKOSHIDINO TAMUKENITACHITE IMOGANANORITSU
恐れ多いからと口に出さずにきたが、越前を目指す峠にさしかかった。旅の無事を願って道祖神にお供えをする段になって、とうとう彼女の名を口に出してしまった。
左注 右四首中臣朝臣宅守上道作歌
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、配流、恋情、羈旅、手向け、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました