万葉集 第15巻 3629番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3629番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3629番歌

第15巻
歌番号 3629番歌
作者 作者不詳
題詞 ((属物發思歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 安伎左良婆 和<我>布祢波弖牟 和須礼我比 与世伎弖於家礼 於伎都之良奈美
訓読 秋さらば我が船泊てむ忘れ貝寄せ来て置けれ沖つ白波
かな あきさらば わがふねはてむ わすれがひ よせきておけれ おきつしらなみ
英語(ローマ字) AKISARABA WAGAFUNEHATEMU WASUREGAHI YOSEKITEOKERE OKITSUSHIRANAMI
秋になれば、われらが乗る船がこの浦にまたやってきて停泊するだろう。その時はまたその貝を寄せてきてほしい。沖の白波よ。
左注
校異 <> 我 [西(左書)][紀][細][温]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、望郷、広島、倉橋島、孤独
タイトルとURLをコピーしました