万葉集 第15巻 3641番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3641番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3641番歌

第15巻
歌番号 3641番歌
作者 作者不詳
題詞 (熊毛浦舶泊之夜作歌四首)
原文 安可等伎能 伊敝胡悲之伎尓 宇良<未>欲理 可治乃於等須流波 安麻乎等女可母
訓読 暁の家恋しきに浦廻より楫の音するは海人娘子かも
かな あかときの いへごひしきに うらみより かぢのおとするは あまをとめかも
英語(ローマ字) AKATOKINO IHEGOHISHIKINI URAMIYORI KADINOOTOSURUHA AMAWOTOMEKAMO
明け方頃、故郷の家が恋しいとき、浦の辺りから舟の梶音が聞こえてきた。あれは漁民の娘子(をとめ)たちだろうか。
左注
校異 末 未 [万葉集古義]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、山口、上関町、望郷、叙景
タイトルとURLをコピーしました