万葉集 第15巻 3642番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3642番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3642番歌

第15巻
歌番号 3642番歌
作者 作者不詳
題詞 (熊毛浦舶泊之夜作歌四首)
原文 於枳敝欲理 之保美知久良之 可良能宇良尓 安佐里須流多豆 奈伎弖佐和伎奴
訓読 沖辺より潮満ち来らし可良の浦にあさりする鶴鳴きて騒きぬ
かな おきへより しほみちくらし からのうらに あさりするたづ なきてさわきぬ
英語(ローマ字) OKIHEYORI SHIHOMICHIKURASHI KARANOURANI ASARISURUTADU NAKITESAWAKINU
沖の方から潮が満ちてきたらしい。可良(から)の浦であさりする鶴が鳴き騒いでいる。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、山口、上関町、叙景
タイトルとURLをコピーしました