万葉集 第15巻 3779番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3779番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3779番歌

第15巻
歌番号 3779番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 和我夜度乃 波奈多知<婆>奈波 伊多都良尓 知利可須具良牟 見流比等奈思尓
訓読 我が宿の花橘はいたづらに散りか過ぐらむ見る人なしに
かな わがやどの はなたちばなは いたづらに ちりかすぐらむ みるひとなしに
英語(ローマ字) WAGAYADONO HANATACHIBANAHA ITADURANI CHIRIKASUGURAMU MIRUHITONASHINI
家の庭に咲いている花橘は、誰も見る人もなく、いたずらに散っていくままになっている。
左注 (右七首中臣朝臣宅守寄花鳥陳思作歌)
校異 波 婆 [類][紀][細]
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、植物、譬喩、恋情、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました