万葉集 第15巻 3600番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3600番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3600番歌

第15巻
歌番号 3600番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 波奈礼蘇尓 多弖流牟漏能木 宇多我多毛 比左之伎時乎 須疑尓家流香母
訓読 離れ礒に立てるむろの木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも
かな はなれそに たてるむろのき うたがたも ひさしきときを すぎにけるかも
英語(ローマ字) HANARESONI TATERUMURONOKI UTAGATAMO HISASHIKITOKIWO SUGINIKERUKAMO
陸地から離れたあの磯に立っているむろの木、疑いもなく長い歳月を経てきたんだろうな。
左注 (右八首乗船入海路上作歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、福山、広島
タイトルとURLをコピーしました