万葉集 第15巻 3777番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3777番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3777番歌

第15巻
歌番号 3777番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 伎能布家布 伎美尓安波受弖 須流須敝能 多度伎乎之良尓 祢能未之曽奈久
訓読 昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣く
かな きのふけふ きみにあはずて するすべの たどきをしらに ねのみしぞなく
英語(ローマ字) KINOFUKEFU KIMINIAHAZUTE SURUSUBENO TADOKIWOSHIRANI NENOMISHIZONAKU
昨日も今日もあなたに逢えず、なすすべも知らないでただ声をあげてむせび泣くばかりです。
左注 (右二首娘子)
校異
用語 作者:狭野弟上娘子、天平12年、年紀、配流、恋情、悲別、中臣宅守
タイトルとURLをコピーしました