万葉集 第15巻 3598番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3598番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3598番歌

第15巻
歌番号 3598番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 奴波多麻能 欲波安氣奴良之 多麻能宇良尓 安佐里須流多豆 奈伎和多流奈里
訓読 ぬばたまの夜は明けぬらし玉の浦にあさりする鶴鳴き渡るなり
かな ぬばたまの よはあけぬらし たまのうらに あさりするたづ なきわたるなり
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOHAAKENURASHI TAMANOURANI ASARISURUTADU NAKIWATARUNARI
漆黒の夜は明けてきたようだ。美しい玉の浦でエサをあさる鶴が鳴きながら飛んでゆく。
左注 (右八首乗船入海路上作歌)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、枕詞、地名、岡山県、倉敷市、動物、叙景、羈旅
タイトルとURLをコピーしました