万葉集 第15巻 3668番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3668番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3668番歌

第15巻
歌番号 3668番歌
作者 阿倍継麻呂
題詞 到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首
原文 於保伎美能 等保能美可度登 於毛敝礼杼 氣奈我久之安礼婆 古非尓家流可母
訓読 大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかも
かな おほきみの とほのみかどと おもへれど けながくしあれば こひにけるかも
英語(ローマ字) OHOKIMINO TOHONOMIKADOTO OMOHEREDO KENAGAKUSHIAREBA KOHINIKERUKAMO
ここは大君の遠の朝廷とは思うけれど、ここに来るまで随分経つので、あの奈良の都が恋しい。
左注 右一首大使
校異 花([西(訂正左書)]美 華 [紀][細]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:阿倍継麻呂、羈旅、恋情、望郷、福岡、韓亭
タイトルとURLをコピーしました