万葉集 第15巻 3734番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3734番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3734番歌

第15巻
歌番号 3734番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 等保伎山 世伎毛故要伎奴 伊麻左良尓 安布倍伎与之能 奈伎我佐夫之佐 [一云 左必之佐]
訓読 遠き山関も越え来ぬ今さらに逢ふべきよしのなきが寂しさ [一云 さびしさ]
かな とほきやま せきもこえきぬ いまさらに あふべきよしの なきがさぶしさ [さびしさ]
英語(ローマ字) TOHOKIYAMA SEKIMOKOEKINU IMASARANI AFUBEKIYOSHINO NAKIGASABUSHISA [SABISHISA]
遠い山も関も越えてやってきた。この期に及んでは彼女に逢える手段もない。本当に寂しい。
左注 (右十四首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、羈旅、配流、恋情、異伝、贈答、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました