万葉集 第15巻 3669番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3669番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3669番歌

第15巻
歌番号 3669番歌
作者 壬生宇太麻呂
題詞 (到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首)
原文 多妣尓安礼杼 欲流波火等毛之 乎流和礼乎 也未尓也伊毛我 古非都追安流良牟
訓読 旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむ
かな たびにあれど よるはひともし をるわれを やみにやいもが こひつつあるらむ
英語(ローマ字) TABINIAREDO YORUHAHITOMOSHI WORUWAREWO YAMINIYAIMOGA KOHITSUTSUARURAMU
旅の身空にいる私なのだが、夜は燈火を灯している。が、妻は闇夜にいて、私のことを恋しがっていることだろうか。
左注 右一首大判官
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、作者:壬生宇太麻呂、羈旅、望郷、恋情、福岡、韓亭
タイトルとURLをコピーしました