万葉集 第15巻 3677番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3677番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3677番歌

第15巻
歌番号 3677番歌
作者 作者不詳
題詞 (引津亭舶泊之作歌七首)
原文 秋野乎 尓保波須波疑波 佐家礼杼母 見流之留思奈之 多婢尓師安礼婆
訓読 秋の野をにほはす萩は咲けれども見る験なし旅にしあれば
かな あきののを にほはすはぎは さけれども みるしるしなし たびにしあれば
英語(ローマ字) AKINONOWO NIHOHASUHAGIHA SAKEREDOMO MIRUSHIRUSHINASHI TABINISHIAREBA
秋の野を美しく彩る萩の花は咲いているけれど、観賞する甲斐(張り合い)がない。旅にある身なので。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、植物、漂泊、旅情、望郷、福岡、引津亭
タイトルとURLをコピーしました