万葉集 第15巻 3678番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3678番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3678番歌

第15巻
歌番号 3678番歌
作者 作者不詳
題詞 (引津亭舶泊之作歌七首)
原文 伊毛乎於毛比 伊能祢良延奴尓 安伎乃野尓 草乎思香奈伎都 追麻於毛比可祢弖
訓読 妹を思ひ寐の寝らえぬに秋の野にさを鹿鳴きつ妻思ひかねて
かな いもをおもひ いのねらえぬに あきののに さをしかなきつ つまおもひかねて
英語(ローマ字) IMOWOOMOHI INONERAENUNI AKINONONI SAWOSHIKANAKITSU TSUMAOMOHIKANETE
彼女のことを思って寝るに寝られずにいると、秋の野に牡鹿が鳴き立てている。妻を呼ぶ思いに耐えかねて。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、動物、望郷、羈旅、福岡、引津亭
タイトルとURLをコピーしました