万葉集 第15巻 3744番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3744番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3744番歌

第15巻
歌番号 3744番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 和伎毛故尓 古布流尓安礼波 多麻吉波流 美自可伎伊能知毛 乎之家久母奈思
訓読 我妹子に恋ふるに我れはたまきはる短き命も惜しけくもなし
かな わぎもこに こふるにあれは たまきはる みじかきいのちも をしけくもなし
英語(ローマ字) WAGIMOKONI KOFURUNIAREHA TAMAKIHARU MIJIKAKIINOCHIMO WOSHIKEKUMONASHI
我が彼女に恋い焦がれている私だが、その恋しさに苦しんで死ぬことがあっても、この短い命決して惜しいとは思いません。
左注 右十四首中臣朝臣宅守
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、枕詞、恋情、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました