万葉集 第15巻 3605番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3605番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3605番歌

第15巻
歌番号 3605番歌
作者 作者不詳
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 和多都美乃 宇美尓伊弖多流 思可麻河<泊> 多延無日尓許曽 安我故非夜麻米
訓読 わたつみの海に出でたる飾磨川絶えむ日にこそ我が恋やまめ
かな わたつみの うみにいでたる しかまがは たえむひにこそ あがこひやまめ
英語(ローマ字) WATATSUMINO UMINIIDETARU SHIKAMAGAHA TAEMUHINIKOSO AGAKOHIYAMAME
広大な海に流れ注ぐあの飾磨川(しかまがは)が絶えることでもあれば、わが恋も止むだろうに。
左注 右三首戀歌
校異 伯 泊 [古][細][温]
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、枕詞、恋情、望郷、兵庫、姫路、船場川、転用、羈旅
タイトルとURLをコピーしました