万葉集 第15巻 3606番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3606番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3606番歌

第15巻
歌番号 3606番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (當所誦詠古歌)
原文 多麻藻可流 乎等女乎須疑弖 奈都久佐能 野嶋我左吉尓 伊保里須和礼波
訓読 玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我れは
かな たまもかる をとめをすぎて なつくさの のしまがさきに いほりすわれは
英語(ローマ字) TAMAMOKARU WOTOMEWOSUGITE NATSUKUSANO NOSHIMAGASAKINI IHORISUWAREHA
乙女たちが玉藻を刈っている。その浜辺を通過して夏草が生い茂る野島が崎にたどりついた。ここで私は草を枕に寝よう。
左注 柿本朝臣人麻呂歌曰 敏馬乎須疑弖 又曰 布祢知可豆伎奴
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、柿本人麻呂、枕詞、地名、兵庫、淡路、異伝、道行き、羈旅、転用
スポンサーリンク

第15巻 3606S1番歌(異伝歌1)

題詞 (當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰
原文 敏馬乎須疑弖 布祢知可豆伎奴
訓読 敏馬を過ぎて 船近づきぬ
かな みぬめをすぎて ふねちかづきぬ
英語(ローマ字) MINUMEWOSUGITE FUNECHIKADUKINU
敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船は近づく。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、古歌、誦詠、作者:柿本人麻呂、地名、兵庫、異伝、道行き、羈旅、転用
タイトルとURLをコピーしました