万葉集 第15巻 3636番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3636番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3636番歌

第15巻
歌番号 3636番歌
作者 作者不詳
題詞 (周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首)
原文 伊敝妣等波 可敝里波也許等 伊波比之麻 伊波比麻都良牟 多妣由久和礼乎
訓読 家人は帰り早来と伊波比島斎ひ待つらむ旅行く我れを
かな いへびとは かへりはやこと いはひしま いはひまつらむ たびゆくわれを
英語(ローマ字) IHEBITOHA KAHERIHAYAKOTO IHAHISHIMA IHAHIMATSURAMU TABIYUKUWAREWO
家にいる妻は、早く帰ってきてね、と祝島ならぬ、神にお祈りしつつ待っているだろうな、旅行く私を。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、地名、山口、上関町、望郷、掛詞
タイトルとURLをコピーしました