万葉集 第15巻 3755番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3755番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第15巻 3755番歌

第15巻
歌番号 3755番歌
作者 作者不詳
題詞 (中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌)
原文 宇流波之等 安我毛布伊毛乎 山川乎 奈可尓敝奈里弖 夜須家久毛奈之
訓読 愛しと我が思ふ妹を山川を中にへなりて安けくもなし
かな うるはしと あがもふいもを やまかはを なかにへなりて やすけくもなし
英語(ローマ字) URUHASHITO AGAMOFUIMOWO YAMAKAHAWO NAKANIHENARITE YASUKEKUMONASHI
光り輝いて美しいと思う彼女に山や川を中にして隔てられ、気が気でない。
左注 (右十三首中臣朝臣宅守)
校異
用語 作者:中臣宅守、天平12年、年紀、贈答、羈旅、配流、恋情、悲別、狭野弟上娘子
タイトルとURLをコピーしました