万葉集 第15巻 3581番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3581番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3581番歌

第15巻
歌番号 3581番歌
作者 作者不詳
題詞 (遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)
原文 秋佐良婆 安比見牟毛能乎 奈尓之可母 奇里尓多都倍久 奈氣伎之麻佐牟
訓読 秋さらば相見むものを何しかも霧に立つべく嘆きしまさむ
かな あきさらば あひみむものを なにしかも きりにたつべく なげきしまさむ
英語(ローマ字) AKISARABA AHIMIMUMONOWO NANISHIKAMO KIRINITATSUBEKU NAGEKISHIMASAMU
秋になればきっと逢えるのに、どうして立ちこめる霧ほども嘆くのだろう。
左注 (右十一首贈答)
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、贈答、悲別、羈旅、出発、慰撫、恋愛、難波、大阪
タイトルとURLをコピーしました