万葉集 第14巻 3522番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3522番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3522番歌

第14巻
歌番号 3522番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伎曽許曽波 兒呂等左宿之香 久毛能宇倍由 奈伎由久多豆乃 麻登保久於毛保由
訓読 昨夜こそば子ろとさ寝しか雲の上ゆ鳴き行く鶴の間遠く思ほゆ
かな きぞこそば ころとさねしか くものうへゆ なきゆくたづの まとほくおもほゆ
英語(ローマ字) KIZOKOSOBA KOROTOSANESHIKA KUMONOUHEYU NAKIYUKUTADUNO MATOHOKUOMOHOYU
昨夜あの子と寝たばかりなのに、雲の上を行く鶴の鳴き声がもう間遠く思える。
左注
校異
用語 東歌、相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました