万葉集 第14巻 3470番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3470番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3470番歌

第14巻
歌番号 3470番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安比見弖波 千等世夜伊奴流 伊奈乎加<母> 安礼也思加毛布 伎美末知我弖尓[柿本朝臣人麻呂歌集出也]
訓読 相見ては千年やいぬるいなをかも我れやしか思ふ君待ちがてに [柿本朝臣人麻呂歌集出也]
かな あひみては ちとせやいぬる いなをかも あれやしかもふ きみまちがてに
英語(ローマ字) AHIMITEHA CHITOSEYAINURU INAWOKAMO AREYASHIKAMOFU KIMIMACHIGATENI
お逢いしてからもう千年も経ってしまったのだろうか。いや、そうではないのかな。私だけがそう思っているだけなのかな。あなたを待ちかねて。
左注
校異 毛 母 [類][紀]
用語 東歌、相聞、女歌、恋情、作者:柿本人麻呂歌集
タイトルとURLをコピーしました