万葉集 第14巻 3575番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3575番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3575番歌

第14巻
歌番号 3575番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 美夜自呂乃 <須>可敝尓多弖流 可保我波奈 莫佐吉伊<R>曽祢 許米弖思努波武
訓読 美夜自呂のすかへに立てるかほが花な咲き出でそねこめて偲はむ
かな みやじろの すかへにたてる かほがはな なさきいでそね こめてしのはむ
英語(ローマ字) MIYAJIRONO SUKAHENITATERU KAHOGAHANA NASAKIIDESONE KOMETESHINOHAMU
美夜自呂(みやじろ)の海沿いの丘のあたりに立っているかほ花よ。ぱっと咲き出さないでよね。心をこめて愛したいから。
左注
校異 渚 須 [類][古] / 弖 R [類][紀]
用語 東歌、譬喩歌、地名、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました