万葉集 第14巻 3472番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3472番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3472番歌

第14巻
歌番号 3472番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比登豆麻等 安是可曽乎伊波牟 志可良<婆>加 刀奈里乃伎奴乎 可里弖伎奈波毛
訓読 人妻とあぜかそを言はむしからばか隣の衣を借りて着なはも
かな ひとづまと あぜかそをいはむ しからばか となりのきぬを かりてきなはも
英語(ローマ字) HITODUMATO AZEKASOWOIHAMU SHIKARABAKA TONARINOKINUWO KARITEKINAHAMO
人妻だから駄目となぜそれを言うの。でも隣の人の着物を借りて着ることがあるではないか。
左注
校異 波 婆 [元][紀][古]
用語 東歌、相聞、怨恨、恋情
タイトルとURLをコピーしました