万葉集 第12巻 3174番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3174番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3174番歌

第12巻
歌番号 3174番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 射去為 海部之楫音 湯<按>干 妹心 乗来鴨
訓読 漁りする海人の楫音ゆくらかに妹は心に乗りにけるかも
かな いざりする あまのかぢおと ゆくらかに いもはこころに のりにけるかも
英語(ローマ字) IZARISURU AMANOKADIOTO YUKURAKANI IMOHAKOKORONI NORINIKERUKAMO
漁をする海人(あま)の舟を操る梶の音はゆったりとしているが、その梶のようにあの子は私の心にじわじわと寄ってきている。
左注
校異 鞍 按 [元][類]
用語 序詞、恋情、羈旅、遊行女婦
タイトルとURLをコピーしました