万葉集 第12巻 3188番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3188番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3188番歌

第12巻
歌番号 3188番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 朝霞 蒙山乎 越而去者 吾波将戀奈 至于相日
訓読 朝霞たなびく山を越えて去なば我れは恋ひむな逢はむ日までに
かな あさがすみ たなびくやまを こえていなば あれはこひむな あはむひまでに
英語(ローマ字) ASAGASUMI TANABIKUYAMAWO KOETEINABA AREHAKOHIMUNA AHAMUHIMADENI
朝霞がたなびく山を越えて行ってしまったら、私は恋い焦がれるでしょう。お逢いできる日が来る日までずっと。
左注
校異
用語 別離、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました