万葉集 第12巻 3189番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3189番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3189番歌

第12巻
歌番号 3189番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 足桧乃 山者百重 雖隠 妹者不忘 直相左右二 [一云 雖隠 君乎思苦 止時毛無]
訓読 あしひきの山は百重に隠すとも妹は忘れじ直に逢ふまでに [一云 隠せども君を思はくやむ時もなし]
かな あしひきの やまはももへに かくすとも いもはわすれじ ただにあふまでに [かくせども きみをおもはく やむときもなし]
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAHAMOMOHENI KAKUSUTOMO IMOHAWASUREJI TADANIAFUMADENI [KAKUSEDOMO KIMIWOOMOHAKU YAMUTOKIMONASHI]
幾重にも重なった山が彼女を隠そうと彼女のことはわすれない、直接逢える日が来るまで。
左注
校異
用語 異伝、枕詞、恋情、羈旅、女歌
タイトルとURLをコピーしました