万葉集 第12巻 2956番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2956番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2956番歌

第12巻
歌番号 2956番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 未玉之 年月兼而 烏玉乃 夢尓所見 君之容儀者
訓読 あらたまの年月かねてぬばたまの夢に見えけり君が姿は
かな あらたまの としつきかねて ぬばたまの いめにみえけり きみがすがたは
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHITSUKIKANETE NUBATAMANO IMENIMIEKERI KIMIGASUGATAHA
長い年月にわたってお逢いしてませんね。でもあなたの姿はその間も夜の夢に出てきてお逢いしてますわ。
左注
校異
用語 枕詞、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました