万葉集 第12巻 3015番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3015番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3015番歌

第12巻
歌番号 3015番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 如神 所聞瀧之 白浪乃 面知君之 不所見比日
訓読 神のごと聞こゆる瀧の白波の面知る君が見えぬこのころ
かな かみのごと きこゆるたきの しらなみの おもしるきみが みえぬこのころ
英語(ローマ字) KAMINOGOTO KIKOYURUTAKINO SHIRANAMINO OMOSHIRUKIMIGA MIENUKONOKORO
雷音のように聞こえる滝、その滝壺の白波のように、白い顔をしたあなたがこのごろ見かけませんね。
左注
校異
用語 序詞、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました