万葉集 第12巻 2946番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2946番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2946番歌

第12巻
歌番号 2946番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉桙之 道尓行相而 外目耳毛 見者吉子乎 何時鹿将待
訓読 玉桙の道に行き逢ひて外目にも見ればよき子をいつとか待たむ
かな たまほこの みちにゆきあひて よそめにも みればよきこを いつとかまたむ
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHINIYUKIAHITE YOSOMENIMO MIREBAYOKIKOWO ITSUTOKAMATAMU
道ですれちがって、いわば傍目(はため)に見てもきれいな子。いつの日かその子を(彼女にして)待つ身になりたい。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました