万葉集 第12巻 2946番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2946番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2946番歌

第12巻
歌番号 2946番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉桙之 道尓行相而 外目耳毛 見者吉子乎 何時鹿将待
訓読 玉桙の道に行き逢ひて外目にも見ればよき子をいつとか待たむ
かな たまほこの みちにゆきあひて よそめにも みればよきこを いつとかまたむ
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHINIYUKIAHITE YOSOMENIMO MIREBAYOKIKOWO ITSUTOKAMATAMU
道ですれちがって、いわば傍目(はため)に見てもきれいな子。いつの日かその子を(彼女にして)待つ身になりたい。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました