万葉集 第12巻 2945番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2945番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2945番歌

第12巻
歌番号 2945番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉<梓>之 君之使乎 待之夜乃 名凝其今毛 不宿夜乃大寸
訓読 玉梓の君が使を待ちし夜のなごりぞ今も寐ねぬ夜の多き
かな たまづさの きみがつかひを まちしよの なごりぞいまも いねぬよのおほき
英語(ローマ字) TAMADUSANO KIMIGATSUKAHIWO MACHISHIYONO NAGORIZOIMAMO INENUYONOOHOKI
あなたからの手紙をもってやってくる使いを今か今かと待っていて寝られなかった。そんななごりなのか今でもなお寝られない夜が多い。
左注
校異 桙 梓 [西(左書)][元][紀][細][温]
用語 枕詞、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました