万葉集 第12巻 3011番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3011番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3011番歌

第12巻
歌番号 3011番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾妹兒尓 衣借香之 宜寸川 因毛有額 妹之目乎将見
訓読 我妹子に衣春日の宜寸川よしもあらぬか妹が目を見む
かな わぎもこに ころもかすがの よしきがは よしもあらぬか いもがめをみむ
英語(ローマ字) WAGIMOKONI KOROMOKASUGANO YOSHIKIGAHA YOSHIMOARANUKA IMOGAMEWOMIMU
愛しい子に着物を貸すという春日の宜寸川、その名のように、彼女となにかきっかけでもないものか何とかして彼女に逢いたい。
左注
校異
用語 地名、奈良、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました