万葉集 第12巻 3012番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3012番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3012番歌

第12巻
歌番号 3012番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 登能雲入 雨零川之 左射礼浪 間無毛君者 所念鴨
訓読 との曇り雨布留川のさざれ波間なくも君は思ほゆるかも
かな とのぐもり あめふるかはの さざれなみ まなくもきみは おもほゆるかも
英語(ローマ字) TONOGUMORI AMEFURUKAHANO SAZARENAMI MANAKUMOKIMIHA OMOHOYURUKAMO
一面かき曇って雨が降っている川にさざ波が立っている、そのさざ波のように絶え間なくあなたのことを思っています。
左注
校異
用語 序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました