万葉集 第12巻 3065番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3065番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3065番歌

第12巻
歌番号 3065番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 三吉野之 蜻乃小野尓 苅草之 念乱而 宿夜四曽多
訓読 み吉野の秋津の小野に刈る草の思ひ乱れて寝る夜しぞ多き
かな みよしのの あきづのをのに かるかやの おもひみだれて ぬるよしぞおほき
英語(ローマ字) MIYOSHINONO AKIDUNOWONONI KARUKAYANO OMOHIMIDARETE NURUYOSHIZOOHOKI
み吉野の蜻蛉(あきづ)の小野で刈る草が乱れるように、思いが乱れて独り寝る夜が多くなった。
左注
校異
用語 地名、吉野、奈良、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました