万葉集 第12巻 3146番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3146番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3146番歌

第12巻
歌番号3146番歌
作者作者不詳
題詞(羇旅發思)
原文草枕 旅之衣 紐解 所念鴨 此年比者
訓読草枕旅の衣の紐解けて思ほゆるかもこの年ころは
かなくさまくら たびのころもの ひもとけて おもほゆるかも このとしころは
英語(ローマ字)KUSAMAKURA TABINOKOROMONO HIMOTOKETE OMOHOYURUKAMO KONOTOSHIKOROHA
野宿に明け暮れる旅が長くなり、着物の紐がほどける。ああ、妻のことが思い出されてならない。きょうこのごろ。
左注
校異
用語枕詞、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました